事業報告

2019/01/21
 シンタ テレビ会議 国際交流 2019/01/21 
全体公開

——————————— 2019.1.30レポート

  氏名:シンタ マシタ シパユン

  交野ロータリークラブとの出会い

 奨学生として採用していただき誠にありがとうございました。一年にわたって支給していただきました奨学金は全額学費に充当させて頂きました。今日まで勉強や研究と並行して貴会の様々なイベントに参加して多くの日本文化を体験してきました。この経験は私の貴重な財産です。

 大学から奨学生の採用を知らされてから、私は配属先の便りが待ち遠しかったです。そして、新規奨学生が集うオリエンテーションで私が交野クラブに配属されることを明かされ、会場で同クラブのカウンセラー・会長・幹事とお会いしました。3人とも多忙にもかかわらず時間を割いてご参加いただいたことを知り、嬉しかったです。初対面にも関わらず、3人とも話しやすく直ぐに打ち解けることができました。他の交野クラブのロータリアンとは初回の例会でお会いしました。私に明るく声をかけてくれる方々で嬉しかったです。

 私はテレビ中継で交野市の二つの小学校の4年生に「命」をテーマに講演しました。講演内容は母国インドネシアの紹介、日本に留学をしたきっかけと目的、そして将来やりたい研究についてです。日本の子供たちが、私の講演を通して、好奇心が刺激され異文化に興味を持ってくれるとともに健康と命の大切さを育むきっかけに繋がっていれば嬉しいです。本活動のほか、振袖を着用したり、日本の楽器の「琴」を弾かせていただいたり、日本文化を数多く体験させていただきました。同クラブのロータリアンと実り多い時間を過ごすことができました。私は、皆さんを日本の家族と思っています。

 私は、2018年度のクラブ方針である「感動を与え、人と社会を元気づけるクラブに」を体現できたと思います。これからも周りの人に元気づける人間でありたいです。今年の4月から筑波大学大学院に進学しますが、これからもロータリクラブでの活動を継続したいです。ロータリアンとの出会いが私を大きく成長させてくれました。ありがとうございました。   

国際交流勉強会
 講師:シンタ・マシタ・シパユンさん   2019年1月21日(月)

 交野市立長宝寺小学校と同交野小学校において、交野ロータリークラブが寄贈した「インターネット回線を利用したデジタルテレビ会議システム」を活用して、交野ロータリークラブがスポンサーをしてるインドネシアからの留学生シンタ・マシタ・シパユンさんが「命」をテーマに講演しました。 

 通信相手の交野小学校  参加 4年生 4クラス 80名
・最後に学年担当の先生から外国の人に接することができる貴重な機会だから大切にしようと締めがあった。
・校長先生からは、自分の国のことを相手の国の言葉で相手に伝えることの難しさを理解しよう。お父さんの病気の糖尿病を治したいという気持ちで日本に留学したシンタさんは大変立派だと思う と結びがありました。
米山国際留学生 シンタ・マシタ・シパユンさん

出身国:インドネシア

(今年の4月より筑波大学 大学院に進学が決まっております)